成果を保護する

大明宮遺跡博物館


大明宫遺迹博物館は中国陝西省西安市自强東路585号大明宫国家遺迹公园内にあり、唐代大明宫の歴史と文化を展示することをテーマとした総合的な博物館で、2010年10月1日に正式に建設され、一般に開放された。


2014-11-29

考古学調査センター


大明宫考古探索センターは大明宫国家考古遺迹公园にあり、元を含む殿前区の西側の部位に位置し、東は殿前区御道、南は殿前西路、西は建福中路、北は紹慶路に隣接し、西安大明宫国家考古遺迹公园観光セットサービス施設区に属しています。


2014-11-29

太液池遺跡


太液池は考古学界で発見された最古で最も巨大な王室庭園である。この人工的に造られた王室の山水園林の景観は唐の太宗が父の高祖李淵のために建てた1処の休憩と行楽地である。唐の高宗が大明宮に移住して以来、太液池は唐の諸帝とその后妃たちの遊楽の場となった。


2014-11-29

三清殿遺迹


三清殿は道教の教祖を祀るために建てられた道教の宮観である。道教のため、その教主を玉清元始天尊、上清霊宝道君、太清太上老君と呼んで、そして伝説のこの3人の神官は天外仙境に住んで、すなわち玉清、上清、太清、三清境と呼ばれ、したがってこの殿は三清にちなんで命名されました。今私たちはまだはっきり三清殿基台を見ることができます


2014-11-29

麟徳殿遺迹


麟徳殿は宮廷内の宴会やダンス、外国使節の接見、道場設立の主要な場所で、唐の最高の宴会場である。麟徳殿は唐の高宗麟徳年間に建てられたもので、「麟徳」と名付けられた。麟徳殿は唐の大明宫の中で最大規模の宫殿建築であり、中国史上最大の単体建筑でもある。


2014-11-29

含元殿遺迹


含元殿は大明宫の中軸線の上で南から最初の殿宇で、皇居前朝の三大正殿の長に属して、規制は雄大で、地位は尊崇して、北京故宫の太和殿の地位と相当します。


2014-11-29

丹鳳門遺跡


丹鳳門は大明宫の真南門で、唐の高宗龍朔二年(662)に建てられ、240年余りの歴史を継承しており、唐の皇帝が宫城に出入りする主要な通路である。丹鳳門の上部には丹鳳楼があり、勅令が出されて宴会などの大典が開かれる重要な行事の場だった。


2014-11-29

< 1 >