dmg
这是描述信息

最新の情報

NEWS

麟徳殿遺迹

【概要の説明】麟徳殿は宮廷内の宴会やダンス、外国使節の接見、道場設立の主要な場所で、唐の最高の宴会場である。麟徳殿は唐の高宗麟徳年間に建てられたもので、「麟徳」と名付けられた。麟徳殿は唐の大明宫の中で最大規模の宫殿建築であり、中国史上最大の単体建筑でもある。

麟徳殿遺迹

【概要の説明】麟徳殿は宮廷内の宴会やダンス、外国使節の接見、道場設立の主要な場所で、唐の最高の宴会場である。麟徳殿は唐の高宗麟徳年間に建てられたもので、「麟徳」と名付けられた。麟徳殿は唐の大明宫の中で最大規模の宫殿建築であり、中国史上最大の単体建筑でもある。

詳細
麟徳殿は宮廷内の宴会やダンス、外国使節の接見、道場設立の主要な場所で、唐の最高の宴会場である。麟徳殿は唐の高宗麟徳年間に建てられたもので、「麟徳」と名付けられた。麟徳殿は唐の大明宫の中で最大規模の宫殿建築であり、中国史上最大の単体建筑でもある。宫殿全体は1万平方メートル余りの台の上に位置し、面積は5千平方メートル余りに达する。麟徳殿を建てたのは192本の柱を共用し、今日の故宫太和殿の3倍である。
麟徳殿は前・中・後の三殿を直列に組んで配置しているのがわかりますが、なぜ三殿なのでしょうか。中国古代の建筑は土木构造のため、梁架のスパンはあまり大きくなく、この3つのホールをつなぐ設計は、梁架のスパンを解决し、宫殿の面積を拡大するだけでなく、建筑の安全と外観の美しさを解决します。唐の時代で千三四百年前に1つの殿を建筑してこのように大面積で、このような規模は今の財力を持ってこの殿を建筑するのはすべて簡単な事ではありませんて、ここに立って皆さんは唐の時代の息を感じることができますか?
麟徳殿の大宴の時は、殿の前と廊に3000人が座って百戯を演じ、殿の前でポロを打つという。武則天はかつてここで唐の時代の世界各国のお使いを接見しました!703年、則天はここに会見して宴を開いて日本の遣唐使粟田真人を歓待した。唐の宗宗はこの時、神策軍の将兵3500人余りを宴会した。当時、唐の官吏は麟徳殿の宴に出席できることを誇りに思っていた。
唐の詩人張籍の『寒食内宴』には、盛唐期の唐大明宮麟徳殿の盛景を次のように描写している。この宫殿は大唐の栄華と夸りを代表して、唐王朝が一歩一歩隆盛に向かった足迹を証人にしました。

スマホで確認するにはQRコードをスキャンしてください

daminggong

西安曲江大明宮国家遺迹公园

Daming Palace National Heritage Park

唐大明宫の敷地は3.5平方キロメートルで、その面積は3つのベルサイユ宫殿、4.5の故宮、12のクレムリン宮殿、13のルーブル宫、15のバッキンガム宫殿に相当し、唐代の宫城建築の雄大な姿を十分に示している。

daminggong

リンク     諮問       连络する     会員登録

住所:陕西省西安市新城区自强東路585号

リンク     諮問       连络する     会員登録

西安曲江大明宮国家遺迹公园

Daming Palace National Heritage Park

住所:陕西省西安市新城区自强東路585号

Copyright© 西安曲江大明宮国家遺迹公园  All Rights Reserved   陕ICP备10201465   テクニカルサポート:中企动力 西安