这是描述信息

最新の情報

NEWS

三清殿遺迹

【概要の説明】三清殿は道教の教祖を祀るために建てられた道教の宮観である。道教のため、その教主を玉清元始天尊、上清霊宝道君、太清太上老君と呼んで、そして伝説のこの3人の神官は天外仙境に住んで、すなわち玉清、上清、太清、三清境と呼ばれ、したがってこの殿は三清にちなんで命名されました。今私たちはまだはっきり三清殿基台を見ることができます

三清殿遺迹

【概要の説明】三清殿は道教の教祖を祀るために建てられた道教の宮観である。道教のため、その教主を玉清元始天尊、上清霊宝道君、太清太上老君と呼んで、そして伝説のこの3人の神官は天外仙境に住んで、すなわち玉清、上清、太清、三清境と呼ばれ、したがってこの殿は三清にちなんで命名されました。今私たちはまだはっきり三清殿基台を見ることができます

詳細
三清殿は道教の教祖を祀るために建てられた道教の宮観である。道教のため、その教主を玉清元始天尊、上清霊宝道君、太清太上老君と呼んで、そして伝説のこの3人の神官は天外仙境に住んで、すなわち玉清、上清、太清、三清境と呼ばれ、したがってこの殿は三清にちなんで命名されました。今私たちはまだはっきり三清殿基台を見ることができます、考古学的な発掘によると、基台は唐代の地面より14メートル、南北73メートル、東西47メートル以上の幅、約3000平方メートルの上部の面積。台地はすべて黄土で固められ、その周囲に一・二五メートルの煉瓦造りがめぐらされていて、その煉瓦の底に長い礎石が二重に敷かれていて、その上にはもともと楼閣風の建物が建っていた。
三清殿は大明宮の中で最も格式の高い宗教建造物で、平地からこのような大きな高台を築いて、その高台に宮室を建てて、これは大明宮の中で唯一のものである。大唐が建てられて以来、道教は国教として尊ばれており、唐一世になってから、李氏の皇族は大部分敬虔な道教信者であった。唐の支配者は道教を尊んで、老子を先祖と認めて、道教と李唐王朝は特別な深い縁があって、その1つの重要な原因は唐初の門閥士族の伝統的な势力はまだ非常に强くて、もし関系が有名な門ではなく、社会の尊重を得ることは難しいです。唐の皇帝は自分の家柄を高めるために、道教の始祖李聃が李姓を名乗り、皇室も李姓を名乗った偶然を利用して、自分が太上老君李聃の子孫であり、「神仙の苗裔」であることを明かした。道教は李唐王朝の信奉する重要な宗教になって、三清殿は大明宫の中で最も重要な道教の建筑になります。
考古関系者はこの殿遺迹で大量の煉瓦建筑を発見したほか、黄、緑、青の単色瑠璃瓦、黄緑青の三色三彩瓦が多数出土した。これは大明宮の考古学的発掘の中で唯一のものである。このほか、残銅仏1点や金銅泡釘、銅飾片なども出土した。出土したこれらの遺物から推測すると、当時の三清殿の建物は非常に華やかで、雄大だった。

スマホで確認するにはQRコードをスキャンしてください

daminggong

西安曲江大明宮国家遺迹公园

Daming Palace National Heritage Park

唐大明宫の敷地は3.5平方キロメートルで、その面積は3つのベルサイユ宫殿、4.5の故宮、12のクレムリン宮殿、13のルーブル宫、15のバッキンガム宫殿に相当し、唐代の宫城建築の雄大な姿を十分に示している。

daminggong

リンク     諮問       连络する     会員登録

  • 諮問
  • E-mail 651312510@qq.com
  • 電話 029-82200808
  • トップに戻る

住所:陕西省西安市新城区自强東路585号

リンク     諮問       连络する     会員登録

西安曲江大明宮国家遺迹公园

Daming Palace National Heritage Park

住所:陕西省西安市新城区自强東路585号

Copyright© 西安曲江大明宮国家遺迹公园  All Rights Reserved   陕ICP备10201465   テクニカルサポート:中企动力 西安