私は古城に緑を添える

【概要の説明】3月12日は植木節です。昨日、西安の一部区県と開発区は相次いで植木活動を行い、西安园芸灞水国家湿地公园、大明宮国家遺迹公园、臨潼国家レジャーパーク、雁塔区東儀路南延伸段、西咸新区涇河新城などに新緑を加えました。

私は古城に緑を添える

【概要の説明】3月12日は植木節です。昨日、西安の一部区県と開発区は相次いで植木活動を行い、西安园芸灞水国家湿地公园、大明宮国家遺迹公园、臨潼国家レジャーパーク、雁塔区東儀路南延伸段、西咸新区涇河新城などに新緑を加えました。

詳細
3月12日は植木節です。昨日、西安の一部区県と開発区は相次いで植木活動を行い、西安园芸灞水国家湿地公园、大明宮国家遺迹公园、臨潼国家レジャーパーク、雁塔区東儀路南延伸段、西咸新区涇河新城などに新緑を加えました。
园水灞水湿地公园园添緑2万平方メートル
昨日午前、間もなく完成する西安园水灞水国家湿地公园で、省直机関工委など省緑化委員会の10余りのメンバー職場と複数の職場のボランティアの500人余りが義務植樹を行い、2万平方メートルの緑を追加しました。
記者が現場で見たところ、植樹活働に参加したのは西安駐在タイ総領事館の国際友人たちで、彼らも西安東部の最も重要な生態回廊に緑を添えている。今回の植樹祭で、湿地公園には2万平方メートルの景観樹木約1300本が追加で植えられた。2005年からボランティアは园水灞水生態区に20800株の喬木を累積的に植えました。記者劉航王栄忠
曲江新区に緑を植え「緑の行動」を助力する
昨日、西安交通大学、長安大学から来た大明宮文保基金会のボランティア100名が、大明宮国家遺迹公园を訪れ、植樹活働に参加し、自らの労働力で「都市中央公园」をより活気に満ちたものにしました。
当日、臨潼国家リゾートの幹部職員300人余りは芝阳五路に500本余りの木を植えた。近年では、臨潼国家リゾートは、"緑豊かな人々、生態系を构筑する"という開発の原則として、大々的に植林を展開することによって、緑の産業システムを构筑し、緑の産業労働者の育成などの"緑の行働"は、国の"緑の都市部と農村部の統一計画"の主要なモデルプロジェクトを作成することに努めています。記者劉航王栄忠

スマホで確認するにはQRコードをスキャンしてください

这是描述信息

最新の情報

NEWS

daminggong

西安曲江大明宮国家遺迹公园

Daming Palace National Heritage Park

唐大明宫の敷地は3.5平方キロメートルで、その面積は3つのベルサイユ宫殿、4.5の故宮、12のクレムリン宮殿、13のルーブル宫、15のバッキンガム宫殿に相当し、唐代の宫城建築の雄大な姿を十分に示している。

daminggong

リンク     諮問       连络する     会員登録

  • 諮問
  • E-mail 651312510@qq.com
  • 電話 029-82200808
  • トップに戻る

住所:陕西省西安市新城区自强東路585号

リンク     諮問       连络する     会員登録

西安曲江大明宮国家遺迹公园

Daming Palace National Heritage Park

住所:陕西省西安市新城区自强東路585号

Copyright© 西安曲江大明宮国家遺迹公园  All Rights Reserved   陕ICP备10201465   テクニカルサポート:中企动力 西安