文化が発展する

「大唐遺宝」に入って遺物の裏側を探る


4月1日、「中華文明凝心鋳魂之旅」2018年全国ネットメディアの取材が陝西歴史博物館で始まった。出発式が終わった後、取材陣一行は陝西歴史博物館の何家村ラガー出土遺物展を見学した。


2020-11-12

日本、中国古代の銅銭大量発掘の歴史は唐代、明代にまたがる


埼玉県の地下文化考古学調査機構は9日、昨年12月25日に同県蓮田市黒浜で発掘された大甕から、約10万枚から20万枚の銅銭が発見されたと発表した。


2018-04-10

日本における大量の中国古代銅銭の歴史は、唐・明代にまたがっている


埼玉県地下文化考古調査機構は9日、昨年12月25日に同県蓮田市黒浜で発掘された大甕から、銅銭約10万~20万枚が見つかったと発表した。


2018-04-10

「大唐天竺使之銘」碑に刻まれた燦爛たる歴史


せん年塵灰を拭って、透立ってチベット日喀則地区キドン県の「大唐天竺の銘」かすかの碑文は、1位は常軌を逸した外交官、大唐勅命王玄策「四、天竺」(説を3回)の歴史物語を伴れて太古の骡马の音とが、権力のほこりは远および近だんだんはっきりして、私たちに見せてくれた一条のビジネス文化交流の古通路——かつての栄光を「芋が滲んだ」。


2018-02-01

世界文化遺産のスバシュ寺院の遺跡を訪ねてみましょう


新疆阿克苏地区庫車県城から車を約20キロ运転すると、庫車県境の山々に囲まれた大型仏寺迹——苏巴什佛寺迹に着きます。「『蘇巴斯』はウイグル語で『水の源』という意味で、ここは昔亀茲が栄えた仏教文化の中心地でした。」現地のスタッフが説明した。


2017-12-12

< 1 >