情報の詳細


日本、中国古代の銅銭大量発掘の歴史は唐代、明代にまたがる

リリース時間:

2018-04-10

  Daming Palace

日本で中国古代の銅銭が大量に発掘される。

埼玉県の地下文化考古学調査機構は9日、昨年12月25日に同県蓮田市黒浜で発掘された大甕から、約10万枚から20万枚の銅銭が発見されたと発表した。
報道によると、大甕が出土した場所は、日本の封建時代の武家屋敷跡だ。昨年10月、埼玉県が道路工事中に発見した。
記事によると、出土した銅銭は中国の唐の「開元通宝」(初鋳年621年)から明代の「永楽通宝」(初鋳1408年)など19種類の古銭である。このことから、銅銭は15世紀以降、地中に埋められたものと推定される。
大甕の中からは「二百六十」「貫」などと書かれた目見文も出土している。

Daming Palace

日本で中国古代の銅銭が大量に発掘される。

Daming Palace

日本で中国古代の銅銭が大量に発掘される。

Daming Palace

日本で中国古代の銅銭が大量に発掘される。

Daming Palace

日本で中国古代の銅銭が大量に発掘される。

daminggong

最新の動作

NEWS